サイトマップ
大阪の外装塗装 ゆとり

大阪の外壁塗装 ゆとりの社長ブログ

社長ブログ


塗装の重ね塗りの話


まだまだ日中は35度以上の暑さですが、暦の上では立秋蝉の鳴き声も秋のようです。
空の雲も秋空のくもになっています。

今回はまた大型の台風10号が日本に向けて来ようとしていますが、
大阪では昨年の台風21号の爪痕が残っており、
(株)ゆとりでも屋根の改修工事が3割ぐらいしか終わっていません。
とても心配です。

台風10号の進路が未定の為に対策の立てようがない状態です。
お盆休み最中に本州に近づくとの予報も出ていますので心配です。
こんな時こそ太平洋高気圧が日本を包んでほしいものですね。

話は変わりますが、最近塗装計画のお客さんから問い合わせで、
「塗装の重ね塗りは何回位出来るのでしょうか?」との問い合わせがあります。
塗装の1回の厚みは0.02ミリですので、4回ぐらいまでは重ね塗りは大丈夫だと思います。

だからこそ外壁塗装をする場合は長持ちする塗料の樹脂を選んで検討してください。

2019年 8月 11日

屋根職人さんの話・・・


又、日本に向けて台風がやってきました。
昨年の台風21号の爪痕が残っていてまだまだ屋根にはブルーシートの家が数多く見られます。
最終的にすべての屋根の補修は再来年まで係るかもしれないと、屋根職人さんの話でした。

今、非常に屋根職人さんの減少で工事が進まないのが現状です。
弊社も昨年の暮れから沢山の屋根補修の依頼を受けましたが順番に捌いているのいるのですが、
瓦職人さんに仕事がしてもらえない状態。

先週やっと屋根瓦の改修・補修工事が完了した守口のI籐邸で屋根瓦の完了の写真を届けて話をしていましたら、
ご近所さんの屋根の補修工事がかなり早くに終わっていることが話題になりました。
よく話を聞いてみると屋根の補修工事をしている職人は瓦職人ではなく、
左官屋さんが工務店から依頼を受けて瓦の補修をしていたとのこと。
つまり屋根棟の瓦の外れたのを又もとに戻して工事完了。
これではまた台風が来たら飛んでしまい余計に危ないと思うと話をしてきました。

建築業界全体に大工、瓦、左官職人さんの不足状態です。

2019年 7月 31日

AGCより表彰されました


     

AGC ルミフロンサポートシステム 2018年度 成績優秀会社の表彰式が
2018年 2月 15日に、東京ドームホテルにて行われました。

これはルミフロンというAGCの塗料での施工件数が多い施工店が表彰されるもので、
当社は近畿ブロック第2位を頂きました!

これもひとえにお客様のおかげです。 ありがとうございます!

来年度も受賞できるよう努力してきたいと思います。

2019年 5月 31日

大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |株式会社ゆとり| All Rights Reserved.
<